2015年09月13日

古い本を引っ張り出して…

パートを辞めて半年近くたち、そろそろヒマを持て余すようになってきました。

最近は、本棚の奥に仕舞い込んでいた本を引っ張り出して読んでいます。

何度か本棚の整理をして、たくさんの本を処分をしてきましたが、一度も処分する気にならなかった中学時代に買った文庫本を、何年かぶりに読んだとき、やっぱり手離さなくて良かったと改めて思いました。

30年も前に買った文庫本ですから、紙の色は変わりカバーもボロボロで、今回とうとうカバーは捨ててしまいました。

これからも、本棚がいっぱいになるたびに、本の処分を考えるだろうけれど、この本はきっといつまでも本棚の隅や奥に残っていることになる気がします。

その前に、あまりにボロボロなので、新装本を買った方がいいかもしれませんが…。
posted by 健太 at 17:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする