2016年10月17日

どこまで衣替える?それが問題だ。

気候が落ち着かないっていうのもあるんでしょうが、街行く人のファッションを見ていても、まだまだ半袖の人も居れば、秋色に身を纏った季節感満載の人もいて千差万別で、それこそ個人の感覚次第の感じです。

一家を預かる主婦としては、家族それぞれの洋服をどこまで入れ替えたものか頭を悩ませる時期ですよね。

寒暖の感覚は、年齢によっても違うんでしょうけど、お洒落が命の女の子にとって季節を先取りするのが当たり前。

いつまでも夏バージョンのままというわけにもいかないんですよね。

ただ、日中セーターで遊びまわるのは暑いだろうに・・・。

当然、寝具やパジャマなんかは秋物に衣替えをしないと朝夕の冷え込みに対応できなくなってきます。

秋冬物を何処まで出して、夏物を何処まで仕舞うかが一番の問題です。

10月になったら有無を言わさず一斉に冬物へという潔すぎる昔が懐かしくさえ思います。

その方が主婦には楽だし・・。
posted by 健太 at 10:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

知らぬ間に秋

20161002.jpg
いつもより雨の日が多いせいもあるんでしょうけれど、洗濯物の乾き具合が悪くなってきました。

あぁ、秋になったんだなと、こんなことで季節を感じるのも何だか悲しい話ですが、生活に密着している主婦だからこそ感覚で、仕方ないんでしょうね。

店頭にも栗が並び始めて秋感を煽ってきます。

季節の行事はキチンとやって行こうと思っていたのに、頑張ったのは子供が小さい頃だけでした。

こういう行事があるんだよと伝えたり一緒にやる相手が居ないと自然とやらなくなってしまいます。

今年のお月見はお団子もススキもなしでした。

来年こそは、きちんと季節の行事をやって行こうとカレンダーを眺めながら思います。

でも、毎年秋になるとそう思うんですよね。

きっと、秋が感傷と言う名の何か連れてくるのかもしれませんね。
posted by 健太 at 14:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする