2016年04月22日

口内炎について発見したこと

20160422.jpg
最近大きな口内炎ができてしまい、思うように飲み食いができない状況に陥っています。

直接食べ物が当たるのは勿論、液体など口内に広がるようなものもしみてしまって非常に辛いのです。

しかしそんな口内炎と戦っているうちにあることに気が付きました。

お米は意外と痛くないのです。

お肉などは噛んでいるととても痛いのですが、お米は噛んでいてもあまり痛くありません。

パラパラのチャーハンやおにぎりはあまり痛みを感じることなく食べることができるという発見をしたのです。

反対にチョコレートは非常にしみるということがわかりました。

やはり油分が多いものは良くないのでしょう。

もしかすると常識なのかもしれませんが、口内炎には染みづらいものもあるというまさに怪我の功名と言っても良いような大発見をしたように思います。
posted by 健太 at 11:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする